町長の部屋

「未来を拓く日本三大開拓地 さわやかな田園のまち・やぶき」

 

『町長』の画像

矢吹町のホームページにアクセスしていただき、誠にありがとうございます。

矢吹町は日本三大開拓地の1つとして、現在も広大な美田を有する町です。第6次矢吹町まちづくり総合計画では、矢吹町の特徴を最大限に活かし、魅力あるまちづくりを行うために、私たちは「未来を拓く日本三大開拓地 さわやかな田園のまち・やぶき」を町の将来像に掲げ、今後8年間のまちづくりに取り組むこととしました。

開拓という言葉には「広い可能性を秘めた」という意味が込められています。東日本大震災から復興へ向け、私たちは、未来を拓く開拓者として、希望にあふれた明るい未来を創造し、100年、200年と続く矢吹らしいまちづくりをしていかなければなりません。

近年、まちづくりにおいては「自分たちでやろう」、「自分達の町は自分たちが創る」といったまちづくりの種が多くの町民のみなさんの「参加」によって芽を出し、花が咲き「協働」のかたちとなって表れています。困難なことにもめげず活動している多くの町民のみなさんは、まさに未来を拓く開拓者であり、明治の時代矢吹ヶ原を潤いある大地へと変えるため奔走した星吉右衛門翁のようです。

総合計画では、このような協働の活動を柱に、まちづくりの理念として「自助・共助・公助の考え方」、「協働のまちづくり」、「いにしえから学ぶ、まちづくりのリーダー」、「情報共有・情報発信のまちづくり」、「行政運営の考え方」を掲げると共に、基本姿勢として「人材を育てる」、「矢吹を好きになる」、「風景を残し守る」の3つを定めました。これらは、まちづくりに携わる全ての人が同じ方向を向いてまちづくりができるよう、未来を切り拓くためのメッセージでもあります。

総合計画の計画期間は、人口減少や少子高齢化、地方創生、震災からの復興など社会が大きく変化しようとしています。今こそ矢吹町民のフロンティア精神で「未来を拓く日本三大開拓地 さわやかな田園のまち・やぶき」の実現を目指し、「町民」「行政」「議会」が一体となったまちづくりを進めていきたいと考えています。

このホームページを通して、矢吹町についてよりよく知っていただき、行政がより身近になりますよう、分かりやすい情報の提供に努めてまいりますので、まちづくりに関するご意見をお寄せいただきたいと思います。なお、私のひと言活動状況を毎月掲載していますので是非、ご覧ください。
 

今後とも、町民の皆様との対話を繰り返しながら、より良いまちづくりに全力で取り組んでまいりますので、一層のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

矢吹町長 野崎吉郎

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは企画総務課です。

役場2階 〒969-0296 福島県西白河郡矢吹町一本木101

電話番号:0248-42-2111 ファックス番号:0248-42-2587

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

矢吹町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
広告掲載について 閉じる
スマートフォン用ページで見る