1. ホーム>
  2. くらし・手続き>
  3. 保険・年金>
  4. 国民健康保険>
  5. 限度額適用認定証(自己負担限度額)について

限度額適用認定証(自己負担限度額)について

自己負担限度額(限度額適用認定証)について

国民健康保険の方で、入院などにより医療費が高額になる時には・・・

限度額適用認定証の申請することにより、病院等に支払う医療費負担額が、自己負担限度額(1ヶ月単位)までの支払となります。

※食事代や保険適用外の費用については自己負担となります。

申請の際は、来庁者の身分証明書(免許証等)、印鑑、世帯主と対象者のマイナンバーがわかるもの(個人番号カード等)をお持ちになり申請してください。後日、ご自宅に限度額適用認定証をお送りします。

※申請月の1日から適用となり、申請できるのは国民健康保険税の滞納が無い世帯となります。

限度額適用認定証を病院等に提出することにより、外来または入院の窓口での支払い限度額は次のようになります。

自己負担限度額

69歳までの人の場合

※自己負担減額は世帯の国保加入者の所得により判定します。

(月ごと、個人単位、医療機関ごとで同じ病院でも歯科は別、入院と外来別)

所得区分3回目まで区分4回目以降
※1
上位所得者
【総所得金額等が901万円を超える】 ※2
252,600円+
(医療費-842,000円)×1%
140,100円
上位所得者
【総所得金額等が901万円を超えない】 ※2
167,400円+
(医療費-558,000円)×1%
93,000円
一般
【総所得金額等が210万円を超え600万円を超えない】 ※2
80,100円+
(医療費-267,000円)×1%
44,400円
一般
【総所得金額等が210万円を超えない】 ※2
57,600円
住民税非課税世帯 35,400円 24,600円

※1 過去12ヶ月間で、同じ世帯での支給が4回以上あった場合の4回目以降の限度額

※2 総所得金額等=総所得金額(収入総額―必要経費―給与所得控除―公的年金等控除等)―基礎控除(33万円)

70歳以上74歳の人の場合は、住民税非課税世帯の人のみが、限度額適用認定証の申請ができます。

(月ごと、個人単位、医療機関ごとで同じ病院の歯科も合算。外来(個人単位)Aの限度額を適用後に、

入院と合算してBの限度額を適用します)

所得区分外来(個人単位)A外来+入院(世帯単位)B
低所得者1 8,000円 15,000円
低所得者2 8,000円 24,600円

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは保健福祉課 国保年金係です。

〒969-0296 福島県西白河郡矢吹町一本木101

電話番号:0248-44-2300

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

矢吹町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
広告掲載について 閉じる
スマートフォン用ページで見る