平成22年9月

「猛暑の矢吹の夏“万歳!!”」

暑い。とにかく今年の夏は暑い。連日の新聞・TV報道通り、北海道から沖縄まで日本中が猛暑である。8月17日の東京は今年一番の暑さで37.2度を記録した。熱中症で病院に搬送された人も数多く、死亡者も出たとの報道。気象庁の予報によれば8月一杯この暑さが続くと警告している。暑さ対策に万全を期し、当町での被害が出ないことを祈りたい。

 さて、今年も当町の夏の三大イベントが催された。

 「真夏の夜の鼓動」。いつも夕空が気になる催しでもある。今年は順調にスケジュールが消化しているなと思っていたら、やはり途中から小ゲリラ豪雨に見舞われてしまった。3団体は雨中の太鼓演奏となった。雨も止まず、中止の選択肢もなかった訳ではないが、北陵太鼓の佐藤代表の思いに気圧され続行。最後の“愛宕陣太鼓連響風組”までやり通した。演奏は見事だった。今年はサポーターも増え、打ち上げ花火の数も例年より多く、また、茶道連合会の支援も手伝って例年以上の盛り上がりを見せていただけに雨は残念だったが、このイベントに懸ける実行委員会の皆様と協力して頂いた多くの団体・町民の熱い思いを最後の時間まで共有できたことは、嬉しくもあった。

 雨中、長時間本当にご苦労さまでした。

 「さわやかな田園のまち やぶきソフトボール大会」も連日の炎天下のもと盛大に開催された。“えっ”と思う町民も多いかと察するが「旧中畑清旗争奪ソフトボール大会」の今年の大会名と言えばご理解頂けるはず。今年は諸事情により大会名を変えての開催となったが、例年通り小学生ソフト96チーム、中学生女子ソフト12チームの参加のもとに好試合が各会場で繰り広げられた。我が町のスーパースター中畑清名誉大会長、服部祐児さん、勿論、中畑清氏令夫人仁美さんも顔を見せてくれた。暑い最中、各会場を回り、子どもたちを励ますその姿に接し、改めて“中畑清は本当に凄い!”つくづく子どもが好きなんだと実感させられた。子どもも分かるんですね。中畑さんの周囲には嬉々とした子ども達と保護者の大きな輪が幾重にも広がっている。中畑清旗争奪ソフトボール大会は永久に不滅です!

 「夏まつりと踊り流し」。昨年も一昨年も雨にたたられ、今年もか?と心配したが、今年は暑くて暑くて参った。夕方の踊り流しでも、踊る人は勿論だが、沿道に顔を揃えた町民も汗でグッショリ。しかし、どの顔も笑顔、笑顔。多くの皆さんと楽しい夜を共有できたことに大満足。盆やぐらを囲み、出店のかき氷やビールにまたゝ満足。多くの人だかりで賑やかな矢吹の夏。老いも若きも矢吹の夏を満喫した素晴らしい今年の熱い暑い夏に万歳!!

矢吹町長 野崎 吉郎

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは企画総務課です。

役場2階 〒969-0296 福島県西白河郡矢吹町一本木101

電話番号:0248-42-2111 ファックス番号:0248-42-2587

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

矢吹町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
広告掲載について 閉じる
スマートフォン用ページで見る