1. ホーム>
  2. まちづくり>
  3. まちづくりのお知らせ>
  4. 公共交通に関する実証実験が始まりました

まちづくり

公共交通に関する実証実験が始まりました

町では、平成30年10月、町民生活のための公共交通の利便性の増進を図るため、「矢吹町公共交通ネットワーク推進計画」を策定しました。

本計画に基づき、特に今後の高齢化社会に向けた高齢者など、交通手段を持たない方々の交通の利便性を向上させるため、初期段階の実証実験を実施します。この実証実験では、次の2つの内容の利用状況等を確認し、今後の公共交通施策に活用させていただきますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

実証実験の期間

平成31年2月1日(金)から7月31日(水)まで

実証実験の内容

1.「行き活きタクシー」事業

 移動手段を持たない方々のための日常生活の利便性の確保のために、民間タクシーを活用し、買い物等のための移動支援を行い、町が、その費用の一部を支援する仕組みです。
 利用するには、次の要件に該当し、予め、町に申請する必要があります。申請後、町が発行する「登録証」の提示し、利用料金の助成を受けることができます。
<対象となる方>
(1)75歳以上で運転免許証を持っていない方
(2)町税等の未納がない方(世帯員全員)

<行き活きタクシーを利用するには・・・>

(1)上記の条件に該当し、希望される方は、町から郵送でご自宅に届きます書類(町役場まちづくり推進課でもお渡しすることができます)に記入の上、ご提出ください。

【必要となる書類】

 ・申請書兼申告書

 ・町税等納入状況確認同意書

 ・個人情報の取扱いに関する同意書

(2)提出いただいた書類を町役場で審査し、利用が可能な方はご自宅に「登録証」が届きます。

(3)タクシーを利用する場合、タクシー会社へ電話連絡します。

 行き活きタクシー連絡先:42ー4133(矢吹タクシー)

(4)タクシー乗車時に登録証を運転手へ渡し、目的地を伝えてください。

【乗り、降りができる場所(全て町内の移動に限ります)】

 ・自宅

 ・公共施設

 ・商店等

 ・金融機関

 ・医療機関

 ・JR矢吹駅

 ・冠婚葬祭会場

 ※目的地でのタクシーの待機及び経由をすることはできません。

(5)タクシー利用料金は800円まで利用者本人負担です。800円を超えた分は、町で負担します。

『公共交通イラスト2』の画像

2.「あゆり温泉行き無料健康バス」の運行拡大

 現在、町内38箇所を循環して運行している「あゆり温泉行き 無料健康バス」を活用し、買い物支援などを目的として、バス停留所を2ヶ所増設します。
 現在運行している4つのコース全てに、「ヨークベニマル矢吹店」さん、「リオンドール矢吹店」さん付近に停車します。
 このバスは、どなたでも利用することができます。
 このバスは、毎週月曜日、水曜日、金曜日に運行しています。停留所名及び時刻表については、下の「関連書類ダウンロード」でご確認をお願いします。

 なお、このバスの停留所には、停留所看板が設置されていない場所があります(関連書類ダウンロードの時刻表でご確認ください)。その地区から、バスに乗車する場合は、利用する前日までにあゆり温泉に電話し、乗車する旨をお伝えください。

 あゆり温泉電話番号 : 42ー2615

【臨時バス停留所位置図(ヨークベニマル矢吹店、リオンドール矢吹店)】

『公共交通実証実験 ヨークベニマル停留所位置図』の画像 『公共交通実証実験リオンドール停留所位置図』の画像

 『公共交通計画イラスト1』の画像

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせはまちづくり推進課 協働推進係です。

〒969-0296 福島県西白河郡矢吹町一本木101

電話番号:0248-42-2112

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

矢吹町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
広告掲載について 閉じる
スマートフォン用ページで見る