1. ホーム>
  2. 災害関連情報(防災アプリ連携)>
  3. 【令和3年2月13日発生】地震関連情報>
  4. 「矢吹町被災建築物応急危険度判定実施本部」を設置しました

「矢吹町被災建築物応急危険度判定実施本部」を設置しました

町では、令和3年2月13日に発生した地震にかかる被災建築物の応急危険度判定を実施するため、「矢吹町被災建築物応急危険度判定実施本部」を次の通り設置しました。

応急危険度判定とは、余震等による2次災害防止を目的として行う判定で、赤(危険)・黄色(要注意)・緑(調査済み)の張り紙によって建築物の危険度を判定するものです。

り災証明等の事務は、本判定とは異なります。また、2次災害防止のための応急的な調査であり、恒久的な建築物の使用について判断するものではありません。

判定を希望される方は、都市整備課(電話0248‐42‐2116)までご連絡いただきますようお願いいたします。

 

1.名  称 「矢吹町被災建築物応急危険度判定実施本部」

2.本 部 長  矢吹町長 蛭田泰昭

3.所 在 地    矢吹町一本木358-8 都市整備課内

4.設置期間 2月14日~2月28日(余震等の状況により、変更の可能性があります)

5.調 査 者    応急危険度判定士

 

※2月28日をもって、実施本部は解散しました。

応急危険度判定は、2次災害防止のためという目的から早期の完了が望まれ、概ね2週間での完了が目安とされています。

今後、判定を希望される方には個別に対応いたしますので、都市整備課(電話0248‐42‐2116)までご連絡ください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは都市整備課です。

役場庁舎向かい 〒969-0296 福島県西白河郡矢吹町一本木358-8

電話番号:0248-42-2116

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

矢吹町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る