1. ホーム
  2. 子育て支援
  3. 子どもを預ける
  4. 放課後児童クラブに感染者が発生した場合の対応について

放課後児童クラブに感染者が発生した場合の対応について

各児童クラブにおいては、新型コロナウイルス感染症防止対策を講じた上で保育を実施しておりますが、児童クラブ利用児童又は児童クラブ職員等に感染者が確認された場合には、国が示した「学校で児童生徒等や教職員の新型コロナウイルスの感染が確認された場合の対応ガイドライン」等を踏まえ、下記のとおり対応いたしますのでご承知おきくださるようお願いします。
【※今後、国が示すマニュアル等に改訂があった場合は対応を見直すことがあります。】

 

児童クラブ又は小学校で感染者が発生した場合

  1. 児童クラブ利用児童及び児童クラブ職員の感染が判明した場合
    児童クラブ利用児童(以下「利用児童」)、児童クラブ職員(以下「職員」)の感染が判明した場合でも、ただちに臨時休所は行いません。
    ただし、児童クラブ内における濃厚接触者の特定に時間を要するなど、個別の状況に応じて、保健所をはじめ小学校等の関係機関と協議のうえ、臨時休所を実施する場合があります。
    なお、日中、どうしても自宅等で保育できないご家庭については、児童の受け入れを検討いたします。
  2. 児童クラブ利用以外の児童及び教職員等、学校関係者の感染が判明した場合
    ただちに臨時休所は行いません。
    ただし、学校内における濃厚接触者の特定に時間を要するなど、個別の状況に応じて、保健所をはじめ小学校等の関係機関と協議のうえ、臨時休所を実施する場合があります。
    なお、日中、どうしても自宅等で保育できないご家庭については、児童の受け入れを検討いたします。
  3. 児童クラブを休所する場合の期間等
    臨時休所を実施する場合の対象は、感染拡大の可能性や感染の範囲に応じて、クラス単位または児童クラブ全体とします。
    なお、その期間については、濃厚接触者が特定された段階で保健所をはじめ関係機関と協議し決定します。
  4. 利用児童及び職員が濃厚接触者として特定された場合
    濃厚接触者は利用停止とし、その期間は、原則として保健所の健康観察を受けている期間(概ね2週間程度)となります。

 

矢吹町で感染経路の不明な感染者が増加している場合

地域で感染経路の不明な感染者が増加しているなど、警戒度を上げなければならない場合であっても、町内小学校の一斉臨時休校はただちに実施しないことから、児童クラブにおいても、ただちに臨時休所は行いません。

 

全国的な感染拡大の状況により、国、県からの休所要請があった場合

社会経済活動全体を停止するような場合や、全国的な感染拡大の状況により、国、県からの児童クラブ休所要請があった場合には、要請内容を勘案し臨時休所の期間・対応を検討します。

 

臨時休所を実施する場合の留意点

  • 臨時休所の期間・対応については、小学校の臨時休校等の状況を踏まえ、児童、学校教職員、職員の学校内及び児童クラブ内での活動状況、接触者の人数、地域における感染経路など個別の事情を把握し、保健所、学校医及び県教育委員会等の関係機関から情報提供等を得ながら判断します。
  • 臨時休所を検討するにあたっては、感染の状況を踏まえつつ、社会の機能を維持するために就業を継続することが必要な方等の保育が必要な場合の対応について検討します。
  • 臨時休所期間中、自宅や親戚宅等で過ごすことができるご家庭におきましては、児童クラブ利用の自粛をお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは子育て支援課 幼稚園保育園係です。

〒969-0296 福島県西白河郡矢吹町一本木101

電話番号:0248-42-2230

メールでのお問い合わせはこちら

子どもを預ける

スマートフォン用ページで見る