1. ホーム>
  2. くらし・手続き>
  3. ゴミ・リサイクル>
  4. ゴミの正しい分け方と出し方

ゴミの正しい分け方と出し方

特に分別の問い合わせの多い物については、次のとおりですが生活用品の多種多様化していますので、「正しい分け方と出し方」のパンフレットを参照してください。

燃えるごみ

月・木曜日

  • 生ごみ
    (水分を良くきる)
  • 紙くず、木くず・枝木
    (指定袋に入る大きさにする)
  • 紙オムツ
    (汚物はトイレに流す)
  • 貝殻
  • 皮製品
  • 布製品

可燃性資源ごみ

月・木曜日

  • 新聞紙、雑誌、段ボール、飲料用紙パック等
    (種類ごとに、30cm程度の厚さに紐で2ヶ所以上束ねる)、雨の日など天候の悪い時は出さずに次回に出す。

燃えないごみ

隔週金曜日

  • ガレキ、セトモノ、ガラス製品
    (飲用容器ビン除く)
  • 硬質プラスチック製品
    (おもちゃ・各種薬品容器・カセットテープ等)
  • 家電製品
    (指定袋に入り家電リサイクル品除く)

なお、乾電池は保管袋にためてから、袋のまま燃えないゴミの指定袋に入れて出す。

資源ごみ

水曜日

缶類・金属類 水洗いしたアルミ缶・スチール缶(飲用のもの)、食器類、缶詰缶、のり缶、針金等
びん類 水洗いしたジュースびん、一升瓶、ワンカップ等
ペットボトル ジュース等飲用のペットボトル、醤油のペットボトル等
プラスチック製容器包装 ポリ袋・ラップ類、トレイ・パック類、カップ類、各種ボトル類

粗大ごみ

月2回/集積所には出せません

指定袋に入らないような大きなもので、家電品(家電リサイクル4品目除く)や家具類、じゅうたん等です。但し、戸別収集となりますので、役場またはJR矢吹駅にある町の出張所で申込み手続きをお願いします。一般のごみ集積所には出せません。(1回に5点まで)

※収集しないもの
農機具、オートバイ・自動車、消火器、農薬等の瓶、水銀電池、ドラム缶、建築廃材、肥料袋、医薬系廃棄物等、飲食店や商店などの事業活動により生じたごみ、引越し買い替えなどで大量に出たごみは収集しません。

※自分で処理場には搬入できる
事業系でなく農薬等のものでない物は、自分で西白河地方クリーンセンターに持ち込めば、処理してもらえます。

平日:午前9時~12時まで 午後1時~4時まで
土曜日:午前9時~12時まで
(可燃ごみは10kgあたり80円、不燃ごみは10kgあたり90円 小さいもの・500円、大きいもの・1,000円)

※家電リサイクル品は予め、郵便局でリサイクル料金を払い込んで
 テレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコンについては、家電リサイクル法の対象品目でありますので、当該協会の定めたリサイクル料金を郵便局で払い込んでから粗大ゴミの申込み等の手続きをお願いします。

※詳しくは、矢吹町ごみカレンダーをご覧ください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせはまちづくり推進課です。

役場1階 〒969-0296 福島県西白河郡矢吹町一本木101

電話番号:0248-42-2112

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

矢吹町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
広告掲載について 閉じる
スマートフォン用ページで見る