予防接種

 

  • 個別接種 (定期の予防接種)

    予防接種の種類対象年齢回数間隔等
    不活化ポリオ (急性灰白髄炎) 【初回接種】 3か月~7歳6か月未満(標準的な接種期間は3か月~12か月) ※海外等で既に不活化ポリオワクチンを接種された方は、不足分を受ける事ができます。 今までに1回もポリオを受けていない方 ⇒ 3回 ※20日以上間隔をあける
    平成24年9月1日より前に経口ポリオワクチンを1回受けた方 ⇒ 2回
    平成24年9月1日より前に経口ポリオワクチンを2回接種した方 ⇒受ける必要はありません  
    【追加接種】 3か月から7歳6か月未満 1回 ※初回接種終了後、12か月~18か月の間隔をおく
    二種混合 (ジフテリア・破傷風) 【2期】 小学校6年生 1回  
    四種混合 (ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ)   【1期初回】 3か月から7歳6か月未満(標準的な接種期間は3か月から12か月) 3回 ※20日から56日までの間隔をおいて3回接種
    【1期追加】 3か月から7歳6か月未満 1回 ※初回接種終了(3回)後、12か月~18か月の間隔をおく
    BCG (結核) 1歳未満(標準的な接種期間は5か月~8か月) 5か月になったら接種しましょう 1回  
    麻しん風しん混合 【1期】 1歳児 1歳になったらできるだけ早期に接種しましょう 1回  
    【2期】 小学校就学前1年間(年長児) 1回  
    日本脳炎 【1期初回】 3歳から7歳6か月未満(標準的な接種期間は、3歳から4歳) 2回 ※6日から28日の間隔をあけて2回
    【1期追加】 3歳から7歳6か月未満(標準的な接種期間は、4歳から5歳) 1回 ※1期初回終了後おおむね1年
    【2期】 9歳から13歳未満(標準的な接種期間は、9歳から10歳) ※平成7年4月1日~平成19年4月1日生まれの方は、6か月以上20歳未満の間、日本脳炎の予防接種ができるようになりました。 1回  
    子宮頸がん予防ワクチン ※現在、実施の積極的なおすすめはしておりません。 中学1年生から高校1年生相当の女の子 3回 ワクチンの種類によって、接種間隔が異なります。 【ガーダシル】 初回接種1回、初回接種から2ヵ月後に1回、6ヵ月後に1回の計3回 【サーバリック】 初回接種1回、初回接種から1ヵ月後に1回、6ヵ月後に1回の計3回
    ヒブ (インフルエンザ菌b型)ワクチン 【初回】 接種時に2か月齢以上5歳未満 ※7か月を超えると接種回数が変わります 3回 接種開始年齢 【生後2ヵ月~7ヵ月未満】 初回接種については、27日(20日)から56日の間隔をおいて3回 初回免疫終了後7か月~13か月までの間隔をおいて1回(合計4回接種) 【生後7ヵ月~1歳未満】 27日(20日)~56日間隔で2回 初回免疫終了後7か月~13か月までの間隔をおいて1回(合計3回接種) 【1歳~5歳未満】 1回のみ接種
    【追加】 接種時に2か月齢以上5歳未満 1回
    小児用肺炎球菌ワクチン 【初回】 2か月齢以上5歳未満 (初回2回目及び3回目の接種は、生後12か月に至るまでに行い、それを超えた場合は行わない) ※7か月を超えると接種回数がかわります。 3回 接種開始年齢 【生後2ヵ月~7ヵ月未満】 27日以上の間隔で3回 3回目接種後60日以上の間隔をおいて1回 (合計4回接種) 【生後7ヵ月~1歳未満】 27日以上の間隔で2回 初回接種終了後、生後12か月以降に60日以上の間隔をおいて1回 (合計3回接種) 【1歳~2歳未満】 60日以上の間隔をおいて2回(合計2回接種) 【2歳~5歳未満】 1回のみ接種
    【追加】 2か月齢以上5歳未満 1回
    水痘ワクチン (みずぼうそう) 1歳から3歳未満 2回

    接種開始年齢 【1回目】 1歳から3才未満 (標準的な接種開始は12~15か月までに1回)  【2回目】 1歳から3才未満 ※1回目接種後、標準的な接種期間は6~12か月の間隔をおいて1回

    高齢者肺炎球菌ワクチン 平成29年4月1日までに65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳になられる方で、今までに高齢者肺炎球菌ワクチンを一度も接種したことがない方(H28.4.1現在) (対象者の方には、接種券を4月上旬に送付しています。) 1回  
    B型肝炎 1歳未満(ただし、平成28年4月1日以降に生まれた者) 3回 第1目接種後27日以上の間隔をおいて1回。第1回目の接種から139日以上の間隔をおいて1回。

    ※接種期間をすぎた場合には、発熱や急性疾患等のやむを得ない事情により、接種期間内に実施できなかった場合以外は有料となります。

    ※子宮頸がん予防ワクチンについては、平成25年6月14日(金)より、子宮頸がん予防ワクチンの接種を積極的にお勧めしないことになりました。これは、因果関係不明ながら、予防接種後持続的な痛みを訴える重篤な副反応が報告されており、その発生頻度等について調査しているためであります。今後、積極的勧奨を再開できる状況となりましたらお知らせいたします。

     

    個別接種(定期外の予防接種)

    1 対象予防接種

    種類対象者接種回数
    ロタウイルスワクチン

    生後6週から24週0日までにある者(1価生ワクチン) 生後6週から32週0日までにある者(5価生ワクチン) ※助成の対象の条件として、1回目の接種を生後14週6日までに受ける必要があります。  ≪以下の方は対象外になります≫

    • ロタウイルスワクチンの接種歴が2回(1価生ワクチン)または3回(5価生ワクチン)ある者
    • ロタウイルスワクチンの初回接種日が生後15週を経過している者
    • ロタウイルスに罹患した者

    1価:

    2回

    5価:

    3回

    おたふくかぜワクチン 1歳から7歳未満で、小学校就学の始期に達する日の前日までの方 ≪以下の方は対象外になります≫
    • 既におたふくかぜにかかった方
    • おたふくかぜワクチンを接種したことがある方
    1回
    風しんワクチン、 麻しん風しん混合ワクチン

    ・妊娠を希望している女性(妊娠中の者を除く。) ・妊娠している女性及び妊娠を希望している女性の配偶者 ・妊娠している女性の同居の家族   ※風しん抗体検査を実施後、抗体価が陰性の方が予防接種対象となります。 ≪以下の方は対象外になります≫

    • 風しん若しくは麻しん風しん混合の予防接種歴が2回ある方
    • 検査で確定診断を受けた風しん既往歴がある方
    1回

    2 接種期限

    平成30年3月30日(金)まで

    ※平成29年4月1日以降に自費で予防接種を実施した方は、費用を払い戻しいたしますので、保健福祉課(44-2300)までご連絡ください。

    3 接種場所

    4 自己負担

    無料 (※予防接種の種類によっては一部負担が発生する場合があります)

    5 接種方法

    指定医療機関へ必ず電話または窓口で予約してから受けてください。

    6 持ち物

      1.ロタウイルス・おたふくかぜワクチンを接種する方

    • 母子手帳

      2.風しんワクチン、麻しん風しん混合ワクチンを接種する方

    • 母子手帳(妊娠している女性の配偶者及び家族の方のみ)
    • 健康保険証

         ※すべての予防接種の予診票と説明書は指定医療機関にあります。

    7 その他

    接種の際は説明書をよく読んで、受けてください。

    【指定医療機関以外で受ける方へ】

    • 指定医療機関以外で受ける場合は、手続きが必要となりますので、接種前に必ず保健福祉課(矢吹町役場 1階)に印鑑をご持参のうえ、手続きを行ってください。
    • 料金については、一度医療機関に料金をお支払いいただいた後、口座振替にて払い戻しとなります。その際は、全額分が払い戻しとならない場合がありますので御了承ください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは保健福祉課です。

役場1階 〒969-0296 福島県西白河郡矢吹町一本木101

電話番号:0248-44-2300

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

矢吹町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
広告掲載について 閉じる
スマートフォン用ページで見る