福島県知事からのメッセージ(8月7日更新)

令和2年8月6日(木)に開催された『第31回福島県新型コロナウイルス感染症対策本部員会議』内で、

福島県知事より新型コロナウイルス感染症にかかる、お盆期間中のお願いについて発言がありました。

町民の皆様には、お盆期間中も引き続き感染症対策をお願い致します。

 

福島県知事からのメッセージ

【現状認識等】
○ 新型コロナウイルス感染症については、全国で連日、一日当たりの新規感染者の合計が1,000人を超える状況が続いています。大都市以外の地域においても、クラスターの発生等により、感染者が大幅に増加しています。
○ 本県においては、大幅な感染拡大は抑えられているものの、昨日、本日と、2日連続で2名の感染が確認されるなど、7月以降、11名の新規感染者が確認されています。

【県民の皆さんへのお願い】
○ こうした中、間もなくお盆の時期を迎えるに当たり、県民の皆さんに3つお願いをいたします。


○ 一つ目は、「帰省」についてであります。「ウィズコロナ」の状況下で感染拡大を防止するためにも、帰省については御家族で十分に相談していただきたいと思います。特に、発熱等の症状があるなど体調が悪い場合は、帰省や移動を控えていただくようお願いします。

また、帰省先の御家庭に高齢の方や既往症をお持ちの方など、感染した際の重症化リスクが高い方がおられる場合や、御自身が最近、感染リスクの高い場所に行った場合などは、より慎重に判断していただくようお願いします。

 

○ 二つ目は、「新しい生活様式」の徹底についてであります。お盆で親戚など多くの方々が集まる場合は、家の中でも、「密閉、密集、密接」の3密を避けていただくとともに、手洗いの励行やマスクの着用、大声を控える、十分な換気を行うなどの感染防止対策の徹底をお願いします。
特に、多くの親戚や友人が自宅に集まって会食などをされる場合は、感染リスクが高いことに注意していただき、大人数での会食は控えていただくようお願いします。お店等に集まって会食をされる場合も、感染対策が行われているお店を利用するなど、慎重な行動をお願いします。
また、感染者との接触の可能性をいち早く察知し、感染拡大を最小限に抑えるため、「接触確認アプリ」の積極的な活用をお願いします。


○ 三つ目は、「県外との往来」についてであります。全国各地で感染者が急激に増加していることから、県外に移動される場合は、移動先の感染状況を十分に確認していただき、3密となるような場所には近づかない、感染防止対策が徹底されていない施設等は利用しない、マスク着用等の感染防止対策を徹底するなど、細心の注意を払った上で、より一層の慎重な行動をお願いします。

感染リスクの高い地域に移動しようとする場合は、その必要性を慎重に判断するとともに、そうした地域から御家族が帰省される場合等も含め、移動後2週間の行動歴を記録するなど、感染拡大のリスクを最小限にするための取組について御協力をお願いします。
特に、3密や大声を出すような場面、会食や宴会などで感染の広がりが見られることから、こうした場所への訪問は控えていただくようお願いします。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは矢吹町です。

アンケート

矢吹町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
広告掲載について 閉じる
スマートフォン用ページで見る