MUITILINGUAL閉じる

くらし・手続き

住まいが災害で被害を受けたときの状況写真の撮影について

住まいが被害を受けたとき最初にすること

近年、大雨や台風などによる自然災害が多発しています。

もし、住まいが災害で被害を受けたときには、各種支援制度を活用するために必要な、り災証明書の円滑な発行のため、片付けや修理の前に、家の被害状況の写真の保存をお願いします。

※写真撮影は安全が確認できてから無理のない範囲でお願いします。

家の被害状況を写真で記録しましょう

家の片づけや修理の前に、家の被害状況を写真で撮影し、写真を保存しておきましょう。また、写真を撮影する際は、家の外と中の両方から写真を撮影するようにしましょう。

撮影のポイント

  • 家の「外」と「中」を撮影する。
  • 被害箇所は漏れなく撮影する。

家の外の写真の撮り方

  • 建物の全景写真は可能な限り周囲4面を撮影
  • 浸水被害のある場合、メジャー等をあてて全体を写した遠景と、目盛りが読み取れる近景を撮影

外

家の中の写真の撮り方

被害を受けた部屋ごとの全景写真と、被害箇所の「寄り」の写真を撮影する。

  • 床上浸水は、居室等のフローリングの床面を基準にして浸水深や被害状況を撮影
  • 床下浸水は、床下や基礎の内部が浸水したことがわかるものを撮影

中

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは税務課 固定資産税係です。

〒969-0296 福島県西白河郡矢吹町一本木101

電話番号:0248-42-2113

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

矢吹町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?