1. ホーム>
  2. 町政情報>
  3. 政策・行政・計画>
  4. 復興関連計画>
  5. 「矢吹町復興ビジョン」についてお知らせします

「矢吹町復興ビジョン」についてお知らせします

復旧復興に計画的に取り組むために

平成23年3月11日午後2時46分に三陸沖、牡鹿半島の東南東130km、深さ24km、マグニチュード9.0、国内観測史上最大規模の東北地方太平洋沖地震が発生しました。

矢吹町は震度6弱を記録し、全域に大きな被害を受けました。道路、上下水道、農業施設などの公共施設被害額は約50億円、商工業関係被害額が約25億円、住家の損壊が3,200棟を超えるなど被害は甚大です。震災以来、インフラの復旧と被災者生活の再建というハード、ソフト両面での復旧に努めており、今後も計画的な復旧復興に取り組まなくてはなりません。また、地震に加え、東京電力福島第1原子力発電所の事故が重なり、原子力災害も大変深刻な状態です。産業への影響はもちろん、健康被害の懸念も大きな課題となっています。

これらからの復興には、単なる被害からの復旧ではなく、震災によって生まれた現実を受け止めたうえで大震災以前より活力のあるまち、安全安心なまちづくりを進める必要があります。そのための新たなまちづくりの方針として「矢吹町復興ビジョン」を策定しましたので、お知らせいたします。

復興の基本理念

『基本理念』の画像

  • 東日本大震災を契機として矢吹町がよりよいまちになるために、単なる復旧ではなく”復興”を目指します
  • 町民の英知を結集し、支えあいのまちづくりを進めます。
  • 原子力災害を克服し、安心安全なまちづくりを進めます。

復興のために取り組んでいくこと

『主要施策7つの柱』の画像

1.生活再建の支援と社会生活基盤の復旧

被災者が震災以前の日常生活に戻れる事を最優先に考え、生活の再建に取り組みます。また、社会生活基盤として必要不可欠な道路、上下水道、農業施設、教育施設の早期復旧を目指します。

2.未来を担う子供たちの育成

子どもたちが安心して学び、生活する教育施設の復旧と生活環境の整備を行います。合理的な判断力と豊かな心とたくましさを身につけることが出来るよう育みます。

3.支えあいによる地域コミュニティの再構築

震災直後の避難、対応対策には、家族、近隣、行政区等の身近な場面での「支えあい」が強い力と大きな効果を表すことが実証されました。さらに地域コミュニティの強化を図り、協働による地域の復旧・復興を促進するとともに地域防災体制の再構築を進めます。

4.産業基盤の再生

震災及び原子力災害により大きなダメージを受けた農業の復興のため、経営支援、風評被害対策に取り組みます。また、活気のあるまちづくりのため、観光事業や中心商店街の再生・復興に取り組みます。

5.災害に強いまちづくり

地域防災計画をはじめとする防災に関する計画等の見直しにより防災機能、防災基盤の強化を図ります。応急対応基準、対応体制等の整備を行い、施設の耐震化、道路、上下水道の強化に取り組みます。

6.新たなライフスタイルへの転換

エネルギーに頼った生活を見直し、自然環境保全、省資源、省エネルギーの取り組みをさらに推進します。自然エネルギーなど再生可能エネルギーを利用した生活や産業の振興、再生可能エネルギー関連産業の育成に取り組みます。

7.原子力災害の克服

福島第一原子力発電所の事故による原子力災害は、環境、健康、教育、産業等の広い分野で深刻な影響を与えています。安心して暮らせるよう、正確な情報の共有のもとに適切な除染活動を実施し、町民の健康管理、安全の確保に努めます。また、原子力災害の賠償、補償は国及び事業者の責任により被災者の損害に対して行われるよう支援します。

これから

『スケジュール図』の画像

町では、この復興ビジョンに基づき、具体的な復興計画について検討を進めており、平成24年3月末までの策定を予定しています。
町民のみなさんの声を計画、事業に反映させるため、復興ビジョン、復興計画へ位置付ける事業等についてのご意見をお聞かせ下さい。1月4日(水)から2月3日(金)までの期間、ホームページでパブリックコメントを募集するほか、メールやお電話でのご連絡、お待ちしております。
矢吹町復興ビジョンの本文、概要版は、添付ファイルよりご覧頂けます。

復興ビジョンの策定にあたって

町では復興ビジョン策定に取り組むにあたり、被害状況の実態把握や意見収集のため、住民との連携が強いと考えられる町内関連団体を対象にアンケート調査を実施しました。

調査期間:平成23年8月26日 ~ 9月9日
調査対象:行政区をはじめとする町内159団体
調査内容:各団体の被害状況復旧復興について(質問1~質問4)
町の災害復旧復興に対しての意見等について(質問5~質問7)
提出団体数:64団体

お寄せいただいた町の災害復旧復興に対しての意見、要望について、町の考えをとりまとめ、ビジョン策定の参考としました。
「震災復興に関する町内団体アンケートの集計結果およびご意見ご要望に対する町の考え」は、添付ファイルよりご覧いただけます。

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは企画総務課です。

役場2階 〒969-0296 福島県西白河郡矢吹町一本木101

電話番号:0248-42-2111 ファックス番号:0248-42-2587

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

矢吹町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
広告掲載について 閉じる
スマートフォン用ページで見る