赤ちゃんが生まれたら

こども医療費助成制度

こども医療費助成制度とは

 こども医療制度は、こども(18歳到達後最初の3月31日までのこども)の病気やけがの治療を促進し、健やかな成長を図るための制度で、申請により医療費は無料になります。 ※国民健康保険加入の児童は、国保の加入手続きをすれば、登録申請があったとみなされます。

助成額について

健康保険証を使ってこどもを治療した医療費の自己負担額が助成されます。 保険診療適用外の治療については適用されません。

※予防接種・健康診断料・差額ベット代

助成方法

窓口負担がなく受診できる場合

申請し認定されますと、こども医療費受給資格証が交付されます。医療機関の窓口に保険証と資格証を提示することにより窓口負担がなく診察を受けることができます。

※加入保険によって、下記のとおり窓口無料地域が異なりますので、ご注意ください。

  • 全国健康保険協会・健康保険組合・共済組合に加入されている方

全国の医療機関での入院・通院の保険診療分が無料になります。 *ただし、接骨院・整骨院・はり・きゅうなどでは支払いが必要になります。

  • 国民健康保険組合に加入されている方

県内の医療機関での入院・通院の保険診療分が無料になります。 *ただし、1医療機関で1か月の窓口負担が21,000円以上になる場合、接骨院・整骨院・はり・きゅうなどでは支払いが必要になります。

窓口負担が必要となる場合

窓口で受給者証を提示しなかった場合、接骨院・整骨院・はり・きゅう等を受診された場合、国民健康保険組合に加入されている方が、白河市、西白河郡、須賀川市、岩瀬郡以外で受診された場合、1医療機関で1か月の窓口負担が21,000円以上になる場合などについては、窓口での支払いが必要となります。

 医療機関等で「こども医療費助成申請書」に支払った医療費の1か月分の証明を受けるか、保険点数の記載された領収証原本を添付し、必要事項に記入、押印のうえ子育て支援課へ御提出ください。

申請書を提出した翌月末日に、町から申請者の指定口座へ助成金を振り込みます。

こども医療費助成手続き一覧

受給資格登録のお手続き

提出を必要とするとき届出の種類手続きのに必要なもの
0歳から満7歳到達後最初の3月31日までの児童
  • こども医療受給資格登録申請書
  • 印鑑
  • 通帳
  • 保険証
  • 転入の場合は所得証明書

7歳から満18歳到達後最初の3月31日までの児童

  • こども医療受給資格登録申請書
  • 印鑑
  • 通帳
  • 保険証
国民健康保険から社会保険に加入した場合
  • こども医療受給資格登録申請書
  • こども医療費受給資格内容等変更届
  • 新しく加入した保険証
  • 印鑑
  • 通帳
  • 保険証

受給者証をお持ちの方で次の場合

提出を必要とするとき届出の種類手続きのに必要なもの
健康保険証の内容に変更があった場合
  • こども医療受給資格内容等変更届
  • 印鑑
  • 保険証
住所・氏名が変更になった場合
  • こども医療費受給資格内容等変更届
  • 印鑑
振込み口座を変更する場合
  • こども医療費助成口座振替変更届
  • 印鑑
  • 通帳
受給者証を紛失・損傷した場合
  • こども医療費受給資格証再交付申請書
  • 印鑑

※いずれも、申請書等の用紙は、町役場子育て支援課にも用意してあります。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは子育て支援課です。

役場1階 〒969-0296 福島県西白河郡矢吹町一本木101

電話番号:0248-42-2230

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

矢吹町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る