1. ホーム>
  2. くらし・手続き>
  3. 防災情報>
  4. 農業用ため池における安全管理対策の徹底について

農業用ため池における安全管理対策の徹底について

※農業用ため池での水難事故が各地で発生しております。

□ため池について

 ため池は、農業用水の貴重な水源となっておりますが、これらのため池の提体が決壊すると、農業用水の不足ばかりではなく、農作物や公共施設、更には人家等に多大な被害を引き起こす恐れがあります。また、ため池は浅く見えても、急に深くなっていることが多くありますので、誤って転落すると大きな事故につながる可能性があります。このため、ため池管理者の日常の点検管理とあわせて、地域全体でため池での安全について十分に注意することが大切です。

□ため池等農業用施設の管理者の方へ

 農業用ため池の管理者は、水難事故の未然防止のため、安全管理に万全の措置を講じられるようお願いいたします。

対策にあたりましては、下記関連書類に添付しております資料を参考としてください。

〇水難事故の防止対策

(1)管理者は、日常から農業用ため池及びその周辺を巡視・点検し、周辺住民による釣り、水遊び等の利用状況を把握した上で、水難事故の危険個所の有無の確認が必要です。

(2)管理者は、巡視・点検の結果、事故等の発生が懸念される場合には、進入防止や転落防止等の安全施設の設置等により事故等を未然に防止するための対策を講じる必要があります。

(3)管理者は、前述の安全施設の他、転落した際における致命的な事故を回避するため脱出補助施設や救助設備の設置等についても検討が必要です。

(4)管理者は、設置している安全施設等を常に善良な状態に保つとともに、施設の破損等を発見した場合には、その修繕等の措置を講じる必要があります。

 

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは矢吹町です。

アンケート

矢吹町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る