1. ホーム>
  2. 町政情報>
  3. 町長の部屋>
  4. 活動状況>
  5. 平成20年活動報告>
  6. 平成20年12月活動報告 (町長の部屋)

平成20年12月活動報告 (町長の部屋)

12月1日 矢吹町無料職業紹介所の開設

『12月1日 矢吹町無料職業紹介所の開設』の画像

矢吹町では「みんなが生き生きと働き、経済的に自立したまち」を実現するため、地元の事業所が求める人材や地元に就職を希望する方々を対象に職業相談・紹介・求人情報等の提供を行う「無料職業紹介所」を平成20年12月1日から開設いたしました。

12月9日 2008ふくしまふるさとCM大賞メッセージ賞を受賞

『12月9日 2008ふくしまふるさとCM大賞メッセージ賞を受賞』の画像

今回で7回目となる「ふくしまふるさとCM大賞コンクール」でメッセージ賞を受賞した「矢吹CM撮影隊(仲西精一代表)より受賞報告が行われました。今回は、実際に編集作業を行った光南高校アートファクトリー部の星麟太郎君と芳賀之彦君も同席しました。今回のタイトルは、「私たちは忘れない」、かつて矢吹にあった陸軍飛行場の歴史を後世にも伝承したいとの思いで作成したとのことです。今回の受賞により、矢吹町のPRビデオが年間、50日間の放送権を得ることができました。(福島放送)

12月12日 「NPO法人スタジオ・ぶぎ」より「ふるさと思いやり基金」への寄附の贈呈。

『「NPO法人 スタジオ・ぶぎ」より「ふるさと思いやり基金」への寄附の贈呈。01』の画像『「NPO法人 スタジオ・ぶぎ」より「ふるさと思いやり基金」への寄附の贈呈。02』の画像

「NPO法人スタジオ・ぶぎ」(神山義久代表)より、先日文化センターで開催されたチャリティコンサートの収益金の一部を、未来の子どもたちの育成事業に役立てて欲しいと「ふるさと思いやり基金」への寄附が行われました。併せて、「矢吹町手をつなぐ親の会」(冨永典子会長)へも寄附の贈呈が行われました。同団体からは、昨年に引き続きの寄附で、若い人たちの貴重なチャリティ活動に敬意を表すとともに、改めて感謝申上げます。今後、皆さんの活動が広く浸透していくことを願っております。
また、本年8月より開設しました「ふるさと思いやり基金」(ふるさと納税)への寄附が、今回の寄附でで100万円を超えました。これまでにご寄附いただきました皆さま方からの善意に感謝申上げます。

12月18日 泰楽五郎さんより「ふるさと思いやり基金」への寄附の贈呈

『12月18日 泰楽五郎さんより「ふるさと思いやり基金」への寄附の贈呈01』の画像『12月18日 泰楽五郎さんより「ふるさと思いやり基金」への寄附の贈呈02』の画像

泰楽五郎さん(泰楽音楽事務所)より、「ふるさと思いやり基金」への寄附が行われました。先日のチャリティー歌謡ショーにおいて、観客の皆さんからの寄附と収益の一部を取りまとめた寄附金を「ふるさとの未来を担う子どもの教育・育成事業」に役立てて欲しいと寄附をいただきました。昨年に引き続きの寄附で、皆様からの貴重な浄財は「未来の子供たち」のために有効に活用させていただきます。泰楽五郎さんはじめ関係者の皆さんのご好意に感謝申上げますとともに、今後益々の活躍を願っております。

※町長の活動報告バックナンバーはこちら

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは企画総務課です。

役場2階 〒969-0296 福島県西白河郡矢吹町一本木101

電話番号:0248-42-2111 ファックス番号:0248-42-2587

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

矢吹町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
広告掲載について 閉じる
スマートフォン用ページで見る