1. ホーム>
  2. くらし・手続き>
  3. 税金>
  4. 税の概要>
  5. 個人の市町村民税について

個人の市町村民税について

市町村民税とは

市町村民税は、都道府県税と合わせて『住民税』と呼ばれています。住民税は、都道府県や市区町村に住んでいる住民がその地方団体に対し納める税です。

納税義務者

毎年1月1日の現況によって、次の人が納付します。

  • 市町村内に住所があり前年中に所得があった個人・・・均等割、所得割
  • 市町村内に事務所・事業所・家屋敷がある個人でその市町村内に住所のない者・・・均等割

所得割・均等割について

均等割

町に住んでいる方の均等割は年額5,000円となります。
[町:年額3,000円 都道府県税:年額2,000円]
※東日本大震災からの復興や防災に必要な財源を確保するため、平成26年度から平成35年度までの10年間、均等割額に復興特別税として年額1,000円(町民税500円、県民税500円)が加算され年額6,000円となります。

所得割

通常前年中の所得金額を基礎として計算されます。
つまり、平成29年度の市町村民税所得割というときは、平成28年中(平成28年1月1日~12月31日までの1年間)の所得金額を基礎としています。所得割の税額計算は次のようにして行われます。

  1. (収入金額)-(必要経費)=(所得金額)
  2. (所得金額)-(所得控除)=(課税標準額)
  3. (課税標準額)×(税率)=(算出税額)
  4. (算出税額)-(税額控除)=(所得割額)

町民税

一律6%

県民税

一律4%

非課税の対象となる人は?

1)住民税の均等割と所得割がかからない人

  • 生活保護法の規定による生活扶助を受けている人
  • 障害者、未成年者、寡婦又は寡夫であって、前年の合計所得金額が125万円以下である人

2)住民税の均等割が課税されない人

  • 前年中の合計所得金額が、次の算式で求めた額以下である人
    「28万円×(本人+控除対象配偶者+扶養親族数)+16万8千円」
    ※ただし、控除対象配偶者も扶養親族も有しない場合は28万円

3)住民税の所得割が課税されない人

  • 前年中の総所得金額等の合計が、次の算式で求めた額以下である人
    「35万円×(本人+控除対象配偶者+扶養親族数)+32万円」
    ※ただし、控除対象配偶者も扶養親族を有しない場合は35万円

税を納めるには

住民税の納め方には、2つの方法があります。

普通徴収

一般の納税義務者の方
市町村においては、住民税の申告書などを基礎として、住民税の税額を計算し、これを納税義務者に通知します。
普通徴収の場合、通常4期(6月、8月、10月、翌年1月)に等分して納めます。自分で納付するのが大変な方は口座振替をご利用ください。

特別徴収

給与所得者の方
会社の等給与の支払者から給与支払報告書の提出を受けた市町村は、税額を計算してこれを給与の支払者と給与所得者に通知します。
特別徴収の場合、会社等の給与の支払者が特別徴収義務者となり、通知を受けた税額の12分の1の額(月割額)をその年の6月から翌年5月まで、毎月給与から徴収します。

平成19年度以降の税制改正が添付ファイルのとおりとなります

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは税務課です。

役場1階 〒969-0296 福島県西白河郡矢吹町一本木101

電話番号:0248-42-2113

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

矢吹町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
広告掲載について 閉じる
スマートフォン用ページで見る