軽自動車税

軽自動車税は、原動機付自転車、軽自動車、小型特殊自動車、二輪の小型自動車等(これらを軽自動車等といいます。)の所有者が納める税です。

軽自動車税を納める人(納税義務者)

毎年4月1日(賦課期日)現在軽自動車を所有している人

税率

詳細は下記の添付書類『軽自動車税について』をご覧ください。

なお、軽自動車を廃車・譲渡等される場合には届出が必要になりますのでご注意ください。

納税

町からの納税通知書によって5月末日までに納めていただきます。軽自動車税には月割課税(還付)制度がありません。したがって、4月2日以降に廃車や名義変更の手続をされた場合でも、その年度分の軽自動車税を納めていただきます。

車検用の納税証明書について

車検のときには、納税証明書が必要です。納税通知書の一片についていますので大切に保管してください。
紛失された方で、納税証明書が必要な場合は、役場(1階)総合窓口課で再交付の申請をしてください。無料で交付できます(申請者の印鑑が必要です)。

口座振替及びスマートフォン決済アプリで納税された場合、お持ちの車両すべての軽自動車税を納期限までに納付された方には、納税証明書を6月中旬頃に郵送します。
ただし、その車両の名義変更や住所変更をしていて、送付時に矢吹町での登録がない場合は送付されません。車検証をご確認いただき、登録している定置場の市町村役場の窓口で証明書の交付を受けてください。

2019年10月1日、自動車の税が大きく変わります

令和元年度税制改正により、毎年4月1日に自動車をお持ちの方に課税される自動車税や自動車の購入時に課税される自動車取得税について、2019年10月1日から新制度が適用されます。詳細は以下のリンク先でご覧ください。

2019年10月1日、自動車の税が大きく変わります(総務省)

  • 自動車税(種別割)の税率引下げ

 2019年10月1日以降に初回新規登録を受けた自家用の乗用車(登録車)から、自動車税(種別割)の税率が引き下げられます。

 なお、軽自動車税(種別割)の税率は、変更されません。

※ 2019年10月1日以降、自動車の排気量等に応じて毎年かかる自動車税は「自動車税(種別割)」に、軽自動車税は「軽自動車税(種別割)」に名称が変更されます。

  • 自動車取得税の廃止と環境性能割の導入

2019年10月1日以降、自動車取得税が廃止され、環境性能割が導入されます。

※ 環境性能割の税率は、自動車の燃費性能等に応じて、自家用の登録車は0~3%、営業用の登録車と軽自動車は0~2%になります。

※ 環境性能割については、新車・中古車を問わず対象です。

税額計算方法

税額=軽自動車の取得価格×税率
・これまでの自動車取得税と同様、新車・中古車問わず、取得した車両に対して課税されます。
・軽自動車の取得価格が免税点(50万円)以下の場合は課税されません。

 

※消費税率引上げに伴う対応として、令和元年10月1日から令和2年9月30日までの間に自家用の軽自動車を取得した場合は、環境性能割の税率が1%軽減されます。この軽減措置には中古車も含まれます。
※令和3年度税制改正により、適用期限が令和3年12月末まで延長されました。

FAQ よくある質問集

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは税務課 町税係です。

〒969-0296 福島県西白河郡矢吹町一本木101

電話番号:0248-42-2113

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

矢吹町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る