1. ホーム>
  2. 町政情報>
  3. 町長の部屋>
  4. 活動状況>
  5. 平成28年活動報告>
  6. 平成28年7月活動報告(町長の部屋)

平成28年7月活動報告(町長の部屋)

第66回社会を明るくする運動に伴う啓発活動

『町長活動(社会を明るくする運動)』の画像

 7月1日、「第66回社会を明るくする運動」に伴う啓発活動が、白河地区保護司会に所属する町の保護司の皆さんと矢吹町長により、JR矢吹駅で行なわれました。
 この運動は、犯罪や非行の防止と、過ちを犯した人の立ち直りについて理解を深め、犯罪や非行のない安全で安心な地域社会を築こうとする、法務省が主唱する全国的な運動で、7月がこの運動の強調月間となっております。
 参加した皆さんは、早朝からタスキや法被を身につけ、駅利用者に啓発グッズを手渡し、明るい社会づくりの推進を呼びかけました。

 

夏の交通事故防止県民総ぐるみ運動

『夏の交通安全事故防止県民総ぐるみ運動』の画像

 7月16日から25日までの10日間、「夏の交通事故防止県民総ぐるみ運動」が行われました。この運動に伴い、町では16日、白河警察署管内一斉啓発「ハンド インハンド ルート4 しらかわ」に併せて交通安全啓発活動を実施し、町交通対策協議会、町防犯協会、矢吹交番など約45人が参加。国道4号沿いに立哨し、一文字看板やのぼり旗等を掲げて、シートベルトとチャイルドシートの着用、飲酒運転の根絶などを呼びかけました。期間終了後も引き続き、交通安全に取り組まれるよう皆さんのご協力をお願いします。

 

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは矢吹町です。

アンケート

矢吹町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
広告掲載について 閉じる
スマートフォン用ページで見る