国民年金について

必ず加入しなければならない人

日本国内に住所がある20歳以上60歳未満の人は、老齢(退職)年金受給者など一部の人を除き、すべての人が国民年金に加入しなければなりません。加入する人(被保険者)は、保険料の納め方の違いから次の3種類に分けられています。このうち、自分自身で保険料を納めなければならないのは、第1号被保険者の人だけです。

第1号被保険者

日本に住んでいる20歳以上60歳未満の自営業などの人や学生

第2号被保険者

厚生年金・共済年金に加入している人

第3号被保険者

第2号被保険者の被扶養配偶者で20歳以上60歳未満の人

希望すれば加入できる人

  1. 外国に住んでいる20歳から65歳未満の日本人
  2. 厚生年金、共済組合から老齢年金や退職年金を受けている人で60歳未満の人

※60歳以上の人で、年金を受けるために必要な保険料の納付期間などが足りない人や、過去に保険料の未納期間などがあり、満額の老齢基礎年金を受けれない人は、65歳になるまで任意加入して保険料を納めることが出来ます。なお、昭和40年4月1日以前に生れた人で老齢基礎年金の受給資格期間を満たしていない人は、70歳になるまでの間、その期間を満たすまで任意加入できます。

関連情報リンク

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは保健福祉課 国保年金係です。

〒969-0296 福島県西白河郡矢吹町一本木101

電話番号:0248-44-2300

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

矢吹町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
広告掲載について 閉じる
スマートフォン用ページで見る