平成16年12月

健康と皆様に感謝

この1年を振り返ると、まさしく健康を気遣う1年であった。健康に過ごせたことに感謝しつつ、ふと目に止まった気がかりな話題を書いてみることにした。

“喫煙率3割を切る”成人でたばこを吸う人の割合が29.4%となり、初めて30%を割り込んだとの新聞記事。たばこといえばガンと言われるように、ガンの発症とたばことの因果関係が指摘されて久しいが、喫煙率の低下に伴ってガンの発症率が低下しているとの調査結果も出た。それによると、禁煙効果により9万人の命が救われたとある。たばこを吸い続けている私としては肩身が狭く何かと考えさせられる話題だ。

これらの新聞記事を読む前に、当町でも遅まきながら、役場庁舎、文化センター、公民館等々の公共施設内で健康増進法に呼応した形で完全禁煙を実施したところである。私はじめ、職員は勿論、議員の皆様にも協力を要請し、10月18日から、執務場所、議員控室での禁煙、また住民の皆様も例外はなく、窓口、待合室を禁煙とし、さらには庁舎内に設置されていた吸煙機、たばこ自動販売機も早速撤去した。賛否はあろうがまず実行である。

禁煙実施後早々にたばこ耕作者、販売組合からご批判も受けたが、たばこを吸わない人や、健康志向の方々にはすこぶる評判が良い。ブータン国では、国を挙げて禁煙しようというご時勢でもあり、ご理解頂ければ有難い。これをきっかけに私自身も健康に気遣い禁煙したいが、これが仲々難しい。たばこのせいでもないだろうが、11月中旬から風邪を引き体調の悪さが気になるが、健康診断の結果は問題はないとのこと。私のとりえは、体力と元気である。頑張ろうと元気が出る。

さて、健康を気遣いながら、無我夢中で公務をこなしてきたこの1年も残り僅かとなりました。様々な出来事がありました。数多くの素晴らしい出会いと感動。嬉しさと有難さを感じることが出来ました。反面、二度と起きて欲しくない台風や地震などの自然災害もありました。自然の脅威と災害に立ち向かう勇気、何よりも住民の暖かい善意を感じることが出来ました。心から感謝申し上げます。また私自身も多くの課題が残りました。この多くの課題解決のため、今後も住民の皆様にご指導、ご協力を仰ぎながら最良の解決に向け努力して参ります。残り少ない師走の日々を、住民の皆様と共に穏やかに過ごせることと、来年が素晴らしい年であることをお祈りし今年最後の私の一言と致します。良いお年を。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは企画総務課です。

役場2階 〒969-0296 福島県西白河郡矢吹町一本木101

電話番号:0248-42-2111 ファックス番号:0248-42-2587

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

矢吹町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
広告掲載について 閉じる
スマートフォン用ページで見る