平成21年12月

一年は短い。今年もあっという間の一年であった。今年を振り返り、この一年をどう形容するかを考えてみた。言葉に表すとしたら・・・とあれこれと考えた。いくつかの言葉が頭をよぎったが、たどり着いた結論は「感謝」の一文字。誰に感謝するのかと問われれば、まずは町民お一人おひとりの皆様と言える私が居る。

 先月、町教育委員会と町民表彰の二つの表彰式が行われた。社会教育、スポーツ、体育・文化振興への長年のご功績に対し、また、県中学校女子駅伝五連覇を成し遂げた矢中女子駅伝部の8名をはじめ、野球、書道、ポスターコンクール、意見発表、統計グラフコンクールで優秀な成績を収めた方々、さらに善郷小器楽クラブの52名の皆さんが教育委員会表彰を受けた。また、町表彰では鈴木武雄さんの特別功労を筆頭に、自治功労、納税功労、現代の名工、また農業功労の各部門で、長年の町へのご貢献に対しての表彰があり、さらに多くの小中学生が教育委員会表彰と同様に町民特別褒賞として表彰された。

 二つの表彰式は、これまでそれぞれの分野において自己研鑽に励まれ、または長年の地道な努力を重ねられ、矢吹町の行政、教育、産業、文化、スポーツ等の向上発展と振興に寄与されたことに対し感謝の意を表すことであり、昨年にも増して多くの方が表彰されたことは嬉しい限りである。

この他にも忘れてはならない人達も大勢いる。今年で25回目を迎えた「中畑清旗争奪ソフトボール大会」を主催して頂いている中畑清さん。ソフトボール大会以外にも、前川清さんやみちのく兄弟を招き、町を盛り上げて頂いた。丹野麻美選手も二大会連続で世界陸上出場し、町民に大きな喜びと感動を与えてくれた。お二人の活躍にも心から敬意と感謝の心を捧げたい。

 「ふくしま駅伝」での町代表選手の走りも大きな感動を与えて頂いたし、市町村対抗軟式野球大会でのベスト8の頑張りも称えたい。

 グラウンドゴルフ、ゲートボール大会で活躍される高齢者の皆さんの元気と笑顔も素晴らしい。98歳の安藤悌蔵さん。いつまでもプレーしてください。全国グラウンドゴルフ大会に出場の小坂忠夫さん、遠くまでご苦労様でした。

 文化面でも、寿大学の皆さん、そして佐藤文化協会会長を筆頭とした講師の皆さんにも頭が下がります。

 春の大池まつり、真夏の夜の鼓動、夏まつり、秋のぎょうさん祭り等々のイベント運営にご協力頂いた実行委員の皆さん、ありがとうございました。お陰で大盛況でした。

 職員の皆さんにも感謝したい。厳しい財政状況の中、町は確実に足元を固め、次へのステップが踏めます。多くの課題を抱えながらの頑張りにただただ感謝。

 今年も残り少なくなって参りましたが、今年も一年乗り切れます。多くの皆さんに感謝申し上げ、今年最後の「私のひと言」といたします。

 よいお年をお迎えください。

矢吹町長 野崎吉郎

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは企画総務課です。

役場2階 〒969-0296 福島県西白河郡矢吹町一本木101

電話番号:0248-42-2111 ファックス番号:0248-42-2587

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

矢吹町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
広告掲載について 閉じる
スマートフォン用ページで見る