平成19年3月

「隗より始めよ~財政再建~」

先日、「財政再建三ヶ年計画(素案)」をテーマに、住民説明会を町内4ヶ所で開催させて頂きました。参加人数約450名と、町が主催する説明会等にこれ程多くの住民が参加したのは異例のことであります。

住民の皆さんの関心の高さもさることながら、TV、新聞各社も初日の説明会場に取材に訪れるなど、説明会を主催した町当局も反響の大きさに驚かされました。

想定をしたとはいえ、ご批判も含め、数多くの厳しい意見、要望が出されました。住民の皆さんから出されましたご意見等については一つひとつの言葉の重みを真摯に受け止めて参りますし、またこの後は広報誌、町ホームページ等を含め、詳しく報告して参ります。

説明会でも話させて頂きましたが、今回の説明会の趣旨は、住民の町の厳しい状況を知って頂くことであり、且つ、町も議会も住民も共通認識の上で、この窮状を一緒になって打開して行くことを再認識することでありました。

この愛する「矢吹町」を明るく豊かに、そして住民のしあわせと魅力ある地域をつくるキッカケづくりが最大の狙いであります。これからは国の支援、県の指導で町自治を営むのではなく、自前で政策をつくり、地域をつくっていく時代であります。カネがないから、国・県の援助がないから、また、町が何にもしてくれないからではなく、自らアイディアを出し合い、汗を共に流すことが、この町を変えていくことにつながると確信しております。

説明会で印象に残った発言を二つ紹介します。
一人の方は「町長、町長の話は分かりました。では、私たちはどうすればいいのですか。私たちは何をすればいいのですか。」と。もう一人の方は「隗より始めよ」と話されております。発言された方の真意が別だった場合はご容赦いただきたいと思いますが、私はこの二つの言葉が、今回の説明会の意義を物語っているのではないかと思っております。

何故、今、財政再建なのかの説明をさせて頂きました。 いずれにしろ、今、私たちがしなければならないことは、次の子や孫の世代に大きな負担を残すようなことは絶対に避けなければならないということです。そのためにも、住民の皆様にもご理解とご協力を頂かなくてはなりません。この後も十分にご理解を頂くべく努力を続けることを約束し、今月の「ひと言」といたします。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは企画総務課です。

役場2階 〒969-0296 福島県西白河郡矢吹町一本木101

電話番号:0248-42-2111 ファックス番号:0248-42-2587

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

矢吹町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
広告掲載について 閉じる
スマートフォン用ページで見る