平成18年12月

「皆さまに感謝」

早いもので、今年も残すところ今月1ヶ月となりました。
月日の経つのがこれほど早い1年も、私の記憶でも初めてのことではないかと思われます。毎日の公務に追われ、気がつけば、アッという間の1年でありました。

振り返れば、4月に待望の「第5次矢吹町まちづくり総合計画」の発表をし、前途洋々の新生「矢吹町」まちづくりのスタートを切った訳ですが、現実はそう甘いものではありませんでした。財政シミュレーションを作るに当って、何度やり直しを指示しても、計画通りに政策実現のシミュレーションが出来ない事実は、否定しようにも否定出来ない、まぎれもない現実であります。しかし、弱音や泣き言は禁物です。与えられた厳しい環境ではありますが、私を筆頭に職員一丸となって財政建て直しを図ってまいります。

そうしたなか、今年の矢吹町は、とにかくスポーツの活躍に町中が沸きに沸いた一年でもありました。
矢吹町の歴史に残る光南高校野球部の夏の甲子園初出場の快挙は、矢吹町にとても、大きな喜びと感動、そして誇りを与えてくれました。
また、小・中学生の頑張りにも目を見張るものがありました。各種大会で次々と嬉しいニュースが町にもたらされました。中でも善郷小のクロスカントリー大会2位。三神小ミニバスケットボール県大会優勝。そして、矢吹中学校女子駅伝部二年連続全国大会出場など、枚挙に暇がないほどの子供たちの活躍は、本当に嬉しいニュースでありました。

このコーナーを住民の皆様が読まれる頃には、長谷川監督率いる「ふくしま駅伝矢吹チーム」の活躍を伝える朗報がもたらされていることと思います。
寒風の中での練習は、自分との闘いに挑み続ける孤独な闘いでもあります。彼らの走り続ける姿を目の当たりにし、ただ々感動し、ご苦労様の声が自然と私の頭の中に浮かんできます。

スポーツ以外でも、文化・芸術活動など様々な場面で皆さんの活躍する姿が思い出されます。誌面の都合上、多くを語れませんが、地域発展のためいきいきと活動される皆様の力強い声援を受けながら、支え合い、力を合わせることの大切さを学びました。私も元気をいただきました。本当にありがとうございました。今年も残り僅かとはなりましたが、今年一年の皆様のご協力に感謝しながら、2007年の更なる努力を約束し、今年最後の「ひと言」といたします。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは企画総務課です。

役場2階 〒969-0296 福島県西白河郡矢吹町一本木101

電話番号:0248-42-2111 ファックス番号:0248-42-2587

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

矢吹町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
広告掲載について 閉じる
スマートフォン用ページで見る