平成24年11月

「若い“やぶきじ”の諸君へ」

 先日、半年振りに今年4月に役場に入職した職員の前で話しをする機会を得た。庁舎内で時々姿を拝見させては頂いているが、一人々の顔を直視しながら話しをする機会がなかっただけに、貴重な、また、嬉しさを実感できた一時でもあった。時の経過も手伝ってか、表情、特に目付きが一段と鋭く、輝いて見えた。いい顔になってきた。素直な感想だ。話しをする私も緊張する。無限の可能性を秘めた若い“やぶきじ”に話しをした内容をこの誌面を借りていくつか書いてみたい。

今の職場を天職に~

皆さんは、数多くの職業から役場という職場を選んだ。自分の人生、自分の生き方の針路に舵を切った今、当初抱いたイメージ通りの職場とはいかないと感じた方もいるかと思う。しかし、最初から天職などある筈もなく、要は、自分がその職場に何を求め、人生を生き抜いていくのかが大切なのであり、突き詰めれば、今の仕事にただ只管に打ち込み、今を一生懸命に生きることに尽きる。そうすることにより、自ずと「自分はこのために働いているんだ」と自覚出来、満足する。結果、「住民よし」「町よし」「自分よし」の「三方よし」が形づくられ、天職を体現出来ると話させて頂いた。

自分に正しく~失敗を恐れない・隠さない~

仕事に失敗はつきもの。まして入職したばかり。失敗を恐れず積極果敢に何事にも挑戦することが大事だ。間違っても失敗の責任を他人に転嫁したり、またその原因を「運が悪かった」などと片付けてはいけない。「私は何てツイてないんだろう」「何をやってもうまくいかない」と考えがちだが、失敗の原因を運に求めて、自己を振り返ることを怠るなど、仕事がうまくいく、いかないといった、その結果に至る原因は、必ず自分の内なるものに存在していることに目を向けるべきだ。自分の失敗の原因を探り、何がいけなかったかを反省する。しかも、その失敗を隠さない。正直に包み隠さず、速やかに上司に明らかにする。ともすれば、人は失敗を隠したがる。時が解決してくれるなどと思ったら大間違い。長期化により事態はますます悪化する。このような気持ちも分からないわけではない。自分に能力がないと思われる、ダメな奴と烙印を押される、人から嫌われる、仲間はずれにされる等々、そうした恐れを感じることも事実だからだ。

 しかし、自分に正しく、正直であることを第一と心懸け、勇気をもって報告すべきだ。トラブルもクレームも同様だ。素早く善処するために、とにかく行動すること。失敗もトラブル・クレームも、うまく対処出来れば、それは自分を磨くチャンスとなる。そうなれば言うことなし。

体に感謝~

最近の気懸りは、体調を崩す職員が目に付くこと。いい仕事は健康な体から生まれる。少しでも体の変調を感じたら、ヘルスチェックを受けること。ストレスも知らず知らずに心と体を蝕んでいく。体を労り、今、健康で仕事が出来ることを感謝して欲しい。

~平成24年10月9日の講話より~

矢吹町長 野崎 吉郎

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは企画総務課です。

役場2階 〒969-0296 福島県西白河郡矢吹町一本木101

電話番号:0248-42-2111 ファックス番号:0248-42-2587

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

矢吹町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
広告掲載について 閉じる
スマートフォン用ページで見る