平成17年10月

「災害への備え」

「災害への備え」世界各地で今年も異常気象による自然災害、地震災害が相次ぎ、甚大な被害をもたらしている。最近では、台風14号、ハリケーン「カトリーナ」による大きな被害が発生し、さらに、8月の宮城県沖地震など、最近の日本や世界での自然災害は異常と言わざるを得ない。

地球の温暖化、過密する都市構造、住宅建設地等、様々な原因が考えられるが、かつて私たちが経験したこともなく、また想像を絶する規模の危機が、私たちの暮らしをおびやかしつつあることを意識しなければならないだろう。

それにしても被害のニュースを見聞きするたび思うことは、国を挙げて災害防止のために予報、予知、さらには勧告を含め、あらゆる研究と懸命の対策を講じるものの、自然の脅威は人間の知恵、科学を遥かに凌駕し、いかに人間の存在が小さいかを思い知らされる。

当町は、幸いに大きな地震、自然災害には遭っていない。しかし、これからも安全とは決して言えない。被災地の老人の「今まで生きて来て初めての経験」という声、「今回の地震は100年に1度」というニュース報道があったように、人知を超える自然の営みがある以上、「災害は忘れた頃にやってくる」という今まで認識を変え、「災害はいつ、どこにでもやって来る」と覚悟して災害に備える必要性をつくづく感じている。

町としても、住民の生命、身体、財産を保護するため「防災計画」の整備を急いではいるが、大切なことは大きな地震、自然災害から身を、財産を守るには「自分で自分を守る」ことを心がけることだと思っているし、住民の皆様にも心がけていただくようお願いしたい

  • あなたの家屋の備えは万全ですか? 
  • 非常時の防災グッズは揃っていますか? 
  • 避難する所は決めていますか? 

もう1度点検し、家族と話し合って見てください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは企画総務課です。

役場2階 〒969-0296 福島県西白河郡矢吹町一本木101

電話番号:0248-42-2111 ファックス番号:0248-42-2587

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

矢吹町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
広告掲載について 閉じる
スマートフォン用ページで見る