平成22年11月

「三鷹市制60周年を祝う」

姉妹都市の三鷹市が来たる11月3日に「市制施行60周年」を迎えます。改めて姉妹町である矢吹町全町民挙げて三鷹市、三鷹市民の皆さんに心よりお祝いを申し上げます。この機会に三鷹市と矢吹町の交流の歴史を振り返ってみることにします。

  • 姉妹都市締結 昭和39年7月2日、当時の鈴木三鷹市長と大木矢吹町長の時代に、縁あって姉妹都市の締結をしました。以来、交流時期10年の節目に両市町で記念式典を開催し、最近では平成16年8月に40周年の記念式典が開催されております
  • 消防自動車の譲渡 昭和39年9月、初めて三鷹市より消防三輪車が譲渡されました。現在役場玄関脇に陳列されております。以来、延べ40台が譲渡され、現在も10台が町の安全・安心のため活躍中であります。
  • 姉妹市町災害相互応援協定 昭和60年10月に締結。救援活動・食糧・生活物資・応急復旧の対応について細部にわたり実施項目を設定しております。
  • 子ども交流 昭和47年に第1回目の小学生子ども交流が始まりました。以後、毎年相互に開催され、今年も当町で約150名の参加のもとに開催されました。
  • 三鷹市わくわく交流フェスタ 青空市場が昭和48年、交流フェスタが平成13年より開催され、当初より参加し、今年も10月17日に当町を始め、姉妹都市のたつの市(兵庫)ほか、8市町の友好都市が集まり開催されました。
  • 三鷹市管弦楽団 昭和52年より3年に1度、当町で公演会を開催して頂いております。平成14年には、矢吹町制施行100周年記念式典において、町合唱団との共演がなされ、大好評でありました。次回の開催は来年の予定であります。
  • 三鷹市民駅伝大会 平成5年の第1回大会から毎年招待を受け出場しており、毎年好成績を納めております。今年も中学女子が優勝し、他の3チームも上位入賞しました。
  • グリーンツーリズム事業 平成18年より毎年開催。三鷹市民の皆さんに春は田植え、秋は稲刈りを楽しんで頂いており、今年も約60名の皆さんに矢吹の自然を満喫して頂きました。
  • 芸術文化協会交流 昭和58年より交流開始。今年も9月末に三鷹市芸文協の宍戸会長始め約60名の会員の皆さまが来町し、交流を深めました。
  • スポーツ交流 野球交流は昭和49年、バレーボールは昭和51年より交互に毎年交流を、山岳会は昭和47年より交流、最近ではミニバスケットが平成14年より毎年交互交流、ゴルフ交流は平成21年より始まりました。この他にも多くのスポーツ交流が開催されております。
  • 議員交流、農業委員交流、職員交流 職員の交流はもとより、議員交流は昭和54年より、農業委員交流は昭和60年より交流が始まりました。

このように、昭和39年より46年間の長きにわたり両市町の交流が行われております。国内の1700余りの市町村のお手本である三鷹市と46年間 という長い歴史を共有できたことに対し、誇りに感じております。今後も更なる交流の絆が深まることを祈念すると共に、重ねて三鷹市制60周年をお祝いし、 また、三鷹市の益々のご発展をお祈りし、今月のひと言といたします。

矢吹町長 野崎 吉郎

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは企画総務課です。

役場2階 〒969-0296 福島県西白河郡矢吹町一本木101

電話番号:0248-42-2111 ファックス番号:0248-42-2587

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

矢吹町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
広告掲載について 閉じる
スマートフォン用ページで見る