陣屋の二本カヤ

『陣屋の二本カヤ』の画像

通称、陣屋の二本榧【かや】と言われている。
幕府領浅川陣屋の支配領であった当地方の村々のうち、七カ村が、天保8年に旗本領(初代松平軍次郎康済)となり当所に陣屋が設置された。
その際、街道筋の農家を立ち退かせたがあまりに見事なカヤの木であるため表門と裏門の中間に位置するように陣屋を造りカヤの木を残したと言われている。

  • 根回り
    A木 約5.8m B木 約4.8m
  • 樹高
    約19m~20m

現在、陣屋は会津武家屋敷(会津若松市)に移築され、庭園にその面影を残している。
指定年月日:福島県指定昭和46年4月13日
所在地:中畑

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは教育振興課です。

役場2階 〒969-0296 福島県西白河郡矢吹町一本木101

電話番号:0248-44-4400

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

矢吹町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
広告掲載について 閉じる
スマートフォン用ページで見る