1. ホーム>
  2. 学び・文化・スポーツ>
  3. 文化財>
  4. 阿弥陀湯供養塔 三基

阿弥陀湯供養塔 三基

『阿弥陀湯供養塔 三基01』の画像『阿弥陀湯供養塔 三基02』の画像

阿弥陀湯供養塔(1)阿弥陀三尊来迎浮彫石造供養塔婆
阿弥陀湯供養塔(2)阿弥陀三尊来迎浮彫石造供養塔婆
阿弥陀湯供養塔(3)種子「ア」胎蔵界大日如来石造供養塔婆
三基同一堂内に安置 紀年銘不明
阿弥陀三尊来迎浮彫は阿弥陀如来の浄土信仰を示すもので、浮き彫で彫刻する手法は、岩瀬郡、安積郡などに見られるほか全国的にも見られない供養塔婆である。町内には六基見られる。極楽浄土に迎えられることを念じ、石に彫刻した意図は、清浄平和な世界にあこがれを強くした人々の切なる願いでもあった。
来迎図のなかから三尊仏のみ単刀直入に表現した造形感覚は素晴らしい。

 

指定年月日:矢吹町指定平成16年5月7日

所在地:堰の上

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは教育振興課です。

役場2階 〒969-0296 福島県西白河郡矢吹町一本木101

電話番号:0248-44-4400

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

矢吹町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
広告掲載について 閉じる
スマートフォン用ページで見る