1. ホーム>
  2. 学び・文化・スポーツ>
  3. 文化財>
  4. 滝八幡三十三観音磨崖仏群

滝八幡三十三観音磨崖仏群

『滝八幡三十三観音磨崖仏群』の画像

隈戸川に面し10m余の断崖に、龕高【がんこう】90cm以内・像高40cmから60cmの仏像が彫刻されている。尊像は薬師如来【やくしにょらい】1体、阿弥陀如来【あみだにょらい】1体、地蔵菩薩【じぞうぼさつ】1体、観音菩薩【かんのんぼさつ】(各種)32体尊名不詳2体の合計37体である。
磨崖仏の大きさ、作風から同時期に製作されたものと思われるが、造立年代は『白河風土記』(文化2年(1805)刊)に記載があることから、それ以前であることは確かである。像容などから江戸時代中期以後(1750~1800)と考えられている。
崖上には、前九年の役に源義家が凱施のおり、矢柄で屋根を葺き建立したと伝えられている「八幡神社」の小祠【しょうし】があり、これが矢葺(矢吹)の地名のゆかりとなっている。付近には中世矢吹氏の館跡「袖ヶ城館跡」がある。



指定年月日: 矢吹町指定昭和56年5月1日

所在地:滝八幡

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは教育振興課です。

役場2階 〒969-0296 福島県西白河郡矢吹町一本木101

電話番号:0248-44-4400

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

矢吹町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
広告掲載について 閉じる
スマートフォン用ページで見る